葬儀の種類

個人葬

遺族が主催して行う一般的な葬儀

社葬

会社の社長や会長などが亡くなった時や、社員が殉職した時などに、会社が主催して行う葬儀

合同葬

遺族と会社が合同で行う葬儀

団体葬

会社以外の団体が主催して行う葬儀

直葬(密葬)

親族や親しいものだけで行う葬儀

家族葬

家族や親しい友人など少数人数で行う葬儀

仏式葬儀、神式葬儀、キリスト教葬儀、その他の宗教葬

どの宗教によって行うかによって各振興宗教の様々な形式があります。創価学会は僧侶なしの「友人葬」を行います。

葬儀をしない、火葬のみ

法的な義務はありませんので、葬儀をしないことも可能です。葬儀をしない場合も、亡くなった場所からの搬送、納棺、安置、死亡診断書の提出と火葬埋葬許可書の取得、火葬が必要です。ですから、葬儀社への依頼が必要になり、費用もかかります。この場合、身内だけで火葬を臨みますが、火葬時に僧侶にお経を上げていだだくこともできます。

無宗教葬、偲ぶ会(お別れ会)、ホテル葬

宗教色を抜いた自由な形で行う葬儀(追悼式)。焼香の代わりに献花を行い、祭壇には花と遺影を飾る。ホテルで行う葬儀・告別式は「ホテル葬」と呼びます。

自由葬

葬儀の形式にこだわらない自由な発想で行う葬儀

音楽葬

生演奏やCDなどで音楽を「献奏」するような、音楽を重視した葬儀

自然葬、散骨

海や川、山などに散骨を行って自然に帰すこと。通常の葬儀の後、遺骨の一部を、簡単な儀式と共に散骨する。

生前葬

本人が生きているうちに行う葬儀。
お世話になった人に自分で直接お礼を言うことができます。


葬儀について